酵素玄米の炊き方

ちょっと手間がかかるけれど、健康維持やダイエットに
ピッタリな酵素玄米。

別名「寝かせ玄米」と言われる通り、3日間保温して
じっくり寝かせることで栄養素が格段にアップします。

今回はご家庭の普通の炊飯器での作り方をご紹介します。

用意するもの(3合分)

・玄米 3合
・小豆 1/2カップ
・塩 小さじ1杯

酵素玄米の炊き方

まずはボウルに玄米と小豆を入れ、水で軽く洗い
表面のゴミを落とします。

お水は通常玄米を炊く時と同じだけ入れ、さらに
小豆の半分~同量の水を入れます。

このお水の量によって玄米のもっちり加減が変わりますので、
よりもっちりさせたい人は小豆と同量のお水を入れてください。

そして泡だて器で10分程度混ぜます。

ちょっと退屈なのでテレビでも見ながら作業されると
良いかもしれないですね。

こぼさないように注意です!

混ぜ終わりましたらお塩を入れて炊飯器へ。

水を吸わせるためにタイマーを8時間後にセットします。

炊き上がった玄米は小豆の色がほんのり移ってお赤飯のように
なっています。

これを1日1回、清潔なしゃもじでかき混ぜて3日間保温し続けます。

通常の炊飯器を使用していて、「3日間も炊飯器を占領されるのは
困る!」という方は保温ジャーに移すことをおすすめします。

そして3日後にはしっかり小豆の色がついた酵素玄米が完成!

玄米特有の皮の食感がなくなり、しっとりもちもちした
美味しい酵素玄米を召し上がってください。

さらに酵素玄米のすごいところは冷めてももちもちのまま
食べられる点。

中には「冷めてる方がおいしい」という人がいらっしゃるほどです。

冷めたまま美味しく食べられるので、おにぎりやお弁当にもぴったりですね。

ただ、作る上で気になるのはその手間と電気代などなど…。

確かに10分も混ぜてさらに水を吸わせるなんてちょっと大変ですよね。

玄米専用炊飯器を使用すれば発芽時間を
大幅に時間短縮できるのでおすすめです!

また、ご家庭の炊飯器を占領することもないので、
酵素玄米にチャレンジしたいという方は2台目の炊飯器を
検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ